2018/07/19

マッチングアプリにいる注意しないといけないDVモラハラ男の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
マッチングアプリや出会い系サイトは男女が気軽に知り合える便利なツールですが、気軽に誰とでも知り合えるので、その中には変な人や注意しないといけない人もいます。中でも、特に女性が気をつけないといけないのはサイトにいるDVモラハラ男です。DVモラハラ男は、はじめは本性を隠していてわからないことが多いので、特徴、見分け方を知って、DVモラハラ男と知り合ってしまわないようにしましょう。

ガラス

DVモラハラの人の特徴


DVモラハラ男の細かい特徴はいろいろあるのですが、そのすべてに共通するのが「自己中心的な言動」です。DVモラハラ男にはメンヘラ女性と同じように、根本的な原因として内面に強い自己愛の不足があるため、自分を守るために他人を攻撃したり、他人を利用しようとするのです。下のような言動があれば、その人はDV男性かもしれないので注意しましょう。

・相手の返事を待てない


DV男性は、相手からの返事がないと強い不安を感じてしまうことがあるため、女性からの返事を待てずに何度も催促してくる場合があります。

・強い束縛がある


自分自身の弱さがあるために人から嫌われることを恐れ、他人を束縛することで強い人間関係を築こうとする場合があります。

・素直に謝れない


自己肯定感が弱いために、自分が間違っていたと認める行動は自分を否定することになってしまうため謝ることができません

・被害者意識が強い


DVモラハラの人は、内面に弱さを抱えているため、他人からどう見られているかを気にしすぎる傾向があります。

・クレーマー気質がある


周りを変えることで問題解決を図ろうとする行動は、問題の原因を他者に求めるDVモラハラの人の特徴に似ています。

マッチングアプリで知り合った相手がモラハラ男だった場合には、メールのやり取りで相性が合わないと思って女性がお断りメールをすると、罵詈雑言を浴びせられたり、ディスられたりして嫌な思いをすることがあります。DV男は、断られるという自分を否定される行為が許せないので、断った側が悪いのだと結論づけるためにこのような行動をとります。このような返事をされたら、相手はDV男だったと考えることができるので、相手のいうことは気にしないで変な男とわかってよかったと前向きにとらえるのがよいでしょう。

DVモラ男の見分け方


DVモラハラ男は、一見すると優しかったり、普通の人よりも魅力的な見た目をしていることが多いので注意してください。容姿に注意すればモラハラ男を見分けられるのかというと、見た目が悪い人にもDVの人はいるので、見た目だけでDV男を見破る方法は残念ながらありません。

それでは、どうやってDV男を見破ればいいのかというと、まずはその人の言動に注意をして先に説明したような「自己中心的な言動」がないか確認してみましょう。自己中心的な言動があったら、次にその人の家族関係に注目してみてください。下のような特徴があったら、その人はDVモラハラ男になる可能性が高くなります。

・両親がいなかったり、片親である
・現在の両親と仲が悪い
・複雑な生い立ちがある

上のような環境にあった人がすべてDVモラハラ男になるわけではないのですが、両親からよい愛情を受けてこなかった人は、愛情のバランスが崩れていて強い自己愛の不足を抱えたまま大人になってしまい、結果としてDVモラハラ男になってしまう場合があるので注意しましょう。

ドメスティックバイオレンスやモラハラへの対処法


DVモラハラ男に対する対処方法は、まずは「DVモラハラ男に近づかないようにすること」です。あとから相手がDV男性だと気付いた時には「素早く離れること」が唯一の解決策です。

すでに被害に巻き込まれてしまった人は、まずDVやモラハラに耐えてもDV加害者が自然に心を入れ替えるようなことはないことを理解しないといけません。DVに対しての耐えるという行動は、相手の暴力に自分はこれだけ耐えられると許可を出しているのと同じ意味があり、相手の行動をエスカレートさせる原因になってしまいます。

DVモラハラを治すためには、本人が自分が抱えている問題を理解しないといけませんが、これはDVモラハラ男がもっとも嫌がる現在の自己を否定することになるので、普通のDVモラハラ男は絶対に理解しようとしません。加害者は被害者の話をまともに聞く耳を持っていないので、被害者が説明することはすべて無駄に終わります。

DVモラハラ男は、医療機関や専門家からの指摘がないと自分自身の抱える問題について理解しようとはしないため、DVモラハラ男を更生させるのは非常に困難で、通常は更生を期待するのは無駄に終わります。それでも、どうしてもDV相手と話し合いをして普通の男女関係になりたいという人は、2人だけで解決しようとしないで、第三者を交えて解決策を模索しましょう。

女性にもDVモラハラ行動はある


DV、モラハラというと、男性特有の行動のように思われがちですが、DV、モラハラ行為は女性側にもみられる場合があります。世間では男性のDVが問題としてクローズアップされがちな理由には、男性と女性の腕力の差があり、男性のDVの場合には女性の生命の危険に直結してしまうことが多いからです。

女性から男性側へのDVでは暴力的な側面よりもモラハラとして表れて、男性のことをけなすような発言を繰り返したり、罵倒や意味のない注意などの言動で行われていることがあります。下のような言動を日常的にしていたらそれは男性に対するモラハラになっているかもしれません。

・給料について文句をいう
・人と比べてバカにする
・子供の前で悪口を言う
・わざと食事を用意しない

モラハラは言葉による暴力、精神的DVといわれ、相手を頭ごなしに否定することで自己の優位性を確認するために行われます。この行動は、強い自己愛の不足を他者を下に見下すことで埋めようとするために行われるのです。

自分を見つめなおすことも大事


woman

マッチングアプリや出会い系でDV、モラハラ男に出会ってしまったり、昔からDV、モラハラの特徴がある人と付き合うことが多い人は、自分自身にも問題がある場合があります

DVモラハラは、被害者と加害者が相互に依存しあう共依存の関係になってしまっていることが多くあります。加害者は被害者に対して暴力や暴言をふるい自分の管理下に置くことで自己愛を満たそうとします。普通の人は暴力や暴言からすぐに逃げようとするのですが、共依存に陥ってしまっている被害者は、「相手は自分がいないと駄目なのだ」と考えてしまいむしろさらに相手に尽くそうとしてしまうのです。

この行動の原因には、被害者自身が、相手に必要とされること(相手に尽くすこと)で自分の存在価値を確認しようとしているという目的が隠れているのです。相手に尽くすことは本来であればよいことでもあるのですが、DV、モラハラ男の場合には、尽くすことはさらなる状況の悪化を招いてしまうのです。

DV、モラハラの被害にあってしまったことがある人は、相手に尽くしたいという思いが強いために、同じようなダメ男を再び相手として選んでしまうことが多いので気をつけないといけません。

本当にオススメできるマッチングアプリ

ペアーズ
会員数は最大級のマッチングサイトなので理想の相手探せます。
pairs3

ゼクシィ恋結び
ゼクシィの運営するまじめな婚活マッチングアプリです。
ゼクシィ恋結び

with(ウィズ)
メンタリストDaiGoが監修しているマッチングサービスです。
with(ウィズ)

サイト選びに迷ったらこのマッチングサイト

マリッシュ/R18
婚活から再婚まで出会いを応援しているマッチングサイトです。
マリッシュ

ゼクシィ縁結び
ゼクシィの運営するまじめな婚活マッチングサイトです。
ゼクシィ縁結び
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事