2018/09/13

結婚に向いている人は『普通の人』

このエントリーをはてなブックマークに追加
誰にでも得意なことや苦手なことがあるように、結婚もその人の持つ性格から、結婚に向いている人、結婚に向いていない人がいます。これから結婚をしようと思っている人は、失敗しないように自分は結婚に向いているのか、一度考えてみませんか?

普通のカップル

結婚に向いている人の特徴


結婚生活を続けるために必要なのは男女関係なく下の二つです。

・思いやりをもっていること


相手の立場になって考えることができないと結婚生活を続けるのは難しくなります。結婚後は、二人で家事を分担したりしなくてはいけなくて、お互いの家族、親戚との付き合いも始まります。
二人の共同生活の中で相手に対して思いやりの気持ちを持って接することができなければ、共同生活を維持していくことはとても難しいのです。

・我慢や妥協ができること


結婚後は、独身時代と違って自分の自由な時間に制限がかかります。それなのに独身時代と同じような生活を求めていたら、二人の生活がうまくいかなくなるのも当然です。結婚後は、自由にある程度の制限がかかることは我慢しないといけません
共同生活の中では、時には相手の言動にイライラしてしまうこともあるかもしれません。そんな時に感情の赴くまま相手に怒りをぶつければ二人の関係が悪化してしまいます。異なる性格の二人が一緒に生活すれば、何かしら満足がいかないことがあるのは当たり前です。結婚生活を円滑にするためには、お互いに妥協しあう気持ちが必要なんですね。

絶対に選んではいけない結婚相手


結婚に向いている人とは反対に結婚に向かない人たちがいます。下の特徴を持つ人たちと結婚してしまうと大変です。

・浮気性の人


浮気癖は治らないものとよく言いますが、この言葉の通り不倫や浮気する人は、何度も浮気します。その理由は、浮気をしてしまう人には、根本的に相手を思いやる気持ちよりも自己中心的な考え方を優先してしまう性格があるからです。
恋愛感情には、恋する「脳内麻薬」といわれるホルモン物質がかかわっていることもあり、浮気を繰り返す人は恋愛感情の快感を求め続けてしまうことがあるので、浮気癖は簡単に治すことはできないんですね。

・ギャンブル依存症の人


ギャンブル依存に陥ってしまっている人と結婚すると、結婚後の生活で経済的に大変な思いをしてしまいます。依存症は病気なので、自分自身でコントロールすることができません。

・DV、モラハラの人


自己中心的な言動をするDV、モラハラの人たちは結婚にもっとも向かない人たちです。
マッチングアプリにいるDVモラハラ男の特徴でもまとめているように、DVモラハラの性格を治すのは困難です。思いやりを持ったり、我慢や妥協ができないDVモラハラの人と結婚してしまうと出口は離婚しかありません。

結婚相手の探し方は離婚しない相手を見つけるための方法も参考にしてくださいね。

普通ってすばらしい!


ズバリ言ってしまうと結婚に向いている人は「普通の人」です。普通の人というと何も取り柄がなく、いいところがないように感じてしまいますが、普通の人がもっとも結婚相手に向いています。

その理由は、普通の人はすべてにおいてバランスがとれていることが多いので、結婚後の生活においても、夫婦や家族のバランスをうまく取れることが多く、夫婦関係、家族関係の問題が起きにくかったり、問題が起きても解決する能力を持っていることが多いので乗り越えられるんですね。夫婦生活において大事な思いやりの気持ちや、我慢したり妥協したりできるのが普通の人なんです。

普通の人ってどんな人


普通といっても基準があいまいでよくわかりにくいですよね。いわゆるここでいう「普通の人」というのは、ごく普通の家庭で不自由なく育った人のことです。両親や家族からしっかりと愛情を受けて育った人は、自己愛が確立されていて自分を大事にできるので、相手に対しても同じように思いやりをもって接することができるようになっていることが多いんですね!

幼少期の成長過程でトラブルを抱えてしまうと、自己愛のバランスが悪いまま大人になってしまって、いろいろな問題行動を起こしてしまう原因になってしまうのです。愛情はバランスが大事なので、溺愛されて育ったような人も問題行動を起こしてしまうことがあるので、普通の人かどうかを見極めるには、現在の家族との関係が良好かに注目するとわかりやすくなりますよ。

才能がある人は変な人?


魅力ある人や特別な才能がある人って変な人が多いと思いませんか?人は特別な才能を発揮している人たちの魅力にひかれて恋をしてしまったり好きになってしまうことがありますが、才能ある人たちはどちらかというと結婚には向きません

才能ある人たちは、幼少期の成長過程で心の傷つき(トラウマ)を抱えていることがあり、この心の傷が実が、実はその才能に深く関係していたりするのです。心の傷が繊細な感情や豊かな感受性の要因になったりして、優れた作品やみんなに感動を与えるような芸術作品を生み出せたりすることがあるんですね。

でも、幼少期の心の傷は自己愛のバランスを崩してしまうこともあるので、才能豊かな人は、自己中心的な性格や周囲とうまくコミュニケーションが取れない原因になってしまうことがあり、結婚には向かない性格であることがあるんです。だから、結婚するなら普通の人がいいんですね。

収入も普通でいい


結婚には経済力も大切です。でも、20代から30代の結婚では結婚前の経済力はそんなに気にしなくてもいいといってもいいでしょう。結婚したあとの経済力は二人で作るものなので、普通に仕事があり収入があれば合格です。それよりも結婚前に気にしないといけないのは、その人が結婚相手として結婚に向いているのかどうかです。

二人のハート

20代から30代で結婚したとして、その後、働き続けるとしたら誰でも30年くらいは働くことになりますよね。結婚前が0年~20年くらい働いていたとすれば、結婚前に稼ぐ金額よりも結婚後に稼ぐ金額のほうがだんぜん多くなるのです。
結婚前にどんなにお金をもっていたとしても、結婚相手を間違えれば、そのお金は様々な浪費によってなくなってしまいますし、いい仕事についていたとしても家庭が問題を抱えれば仕事にも悪い影響が出てきます。

古くから「内助の功」という言葉があるように、成功しているビジネスパーソンには必ずよいパートナーがいるものです。結婚する相手を間違えなければ、経済力は二人で作っていけるので、若い時の結婚相手選びに置いての経済力はあまり大切とはいえないんです。

実際に使ってみてわかったおすすめできる出会い系マッチングサイト

恋愛や結婚の相手探しをするために、マッチングサイトを使ってみようと思っている人もいると思います。でも、サイトはいろいろあって、どれを使ったらいいかわからないという人も多いと思います。

そんな人のために、実際にたくさんの出会い系マッチングサイトを使ってみてわかった本当にオススメしたいマッチングサイトを紹介しておきます。迷ったら参考にしてみてください。

No1はPairs(ペアーズ)
pairs3

ペアーズをオススメする理由は、実際にPairs(ペアーズ)を使ってみてわかった会員数の多さです。マッチングサイトでも出会い系でも、まずは会員がいないと会えません。その点、ペアーズはほかのマッチングサイトより圧倒的に会員数が多かったので会いやすくなっていました。

ほかに比べて、料金が安めだったのもオススメできる理由です。どのマッチングサイトを使おうか迷ってしまったら、Pairs(ペアーズ)を使ってみるのがいいですよ!

ペアーズの利用はこちらからできます
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事