2018/09/27

男性の草食化と結婚しない男女が増えた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
今の日本の若い男性たちは草食化が進んでいるといわれます。この若者の草食化は日本の未婚率を上げる原因になっていると考えられます。

未婚化の進行(内閣府資料)

日本の男性の草食化にはSNSの普及日本経済の停滞による影響などがあげられることがよくありますが、それは本当でしょうか?

SNSは世界中で普及していますが、全ての国で男の草食化が進んでいるわけではありません。SNSや出会い系マッチングアプリを活用している女性を求める肉食男子も世界にはいます。

経済の低下については、経済が成長している国でも、日本と同じように少子化に進んでいる国もあります。それでは一体何が日本男児を草食化させ未婚率を上げる原因になっているのか考えてみましょう。

草原

なぜ男性が草食化したといわれるのか?


・男性の生活が女性化している


昔と今で大きく変わってきている仕事の内容の変化が男性の草食化に影響を与えていると考えることができます。デスクワークが主体になってきた現代では、男性が日常生活で動かす筋肉が減り、日常的な運動を心がけていなければ、多くの男性は昔の男性よりも筋肉量が減少していると考えられます。筋肉の減少は男性ホルモンと関わりがあり、男性の男性らしさを失う要因になっていると考えることができるのです。

男と女の違いは男性ホルモン「テストステロン」の影響

それに加えて、今の時代では学校教育で料理などを男女関係なく教えていますし、男性も料理や家事をするのは普通なことになっています。この男性が女性らしい行動をすることが、男性の女性化に影響していると考えることもできます。

・男性の性欲を満たす手段が増えた


若い男性が女性を求めるインセンティブに対してセックスが一番にあることは間違いないでしょう。お金がなくたって性欲は人間がもつ自然の仕組みなので止まりません。そのため、男性はお金がなくても、女性と交際するために相違工夫して女性と関係が持てるように頑張るものなのです。男性がそれらの努力をせずに草食化してしまった原因には、女性と関係を持たずして性欲を満たしてしまう様々な手段が現代では安易に手に入るようになったということが考えられます。

数十年前は、修正されていないアダルト動画を見ることは簡単なことではありませんでしたが、今はネットで検索すれば男女の秘密の部分がすぐに見れてしまいます。それだけでなく、最近はVRによる仮想現実のアダルト動画もあり、さらに先の未来にはAIを搭載したセックスドールの実現も見えてきています。

バーチャルな世界で満足できなくて生身の女性と関係が持ちたければ、風俗に行けばお金はかかりますが誰でもいつでもサービスを受けることができます。風俗の費用は、時間をかけて女性一人を口説き落としてホテルに行くよりも安いことすらあります。

これらの性欲を満たすコンテンツが用意されていることで、男性が女性と交際するという動機が大いに減退していることが考えられます。

男性の草食化は、男性自身の男性ホルモンの低下と、男性が様々な手段で性欲を満たせるようになった二つの要因が重なり、結果として男性が昔より女性との交際を求めなくなったことが原因と言えるのはないでしょうか。

結婚しない男女が増えた理由


・男が結婚しなくなったのはハイテク家具のせい?


男性が草食化しているのは間違いなさそうですが、男が結婚しなくなったのにはほかにも理由が考えられます。
現代ではハイテク家電のおかげで家庭の家事負担はずいぶん減りましたよね。家電製品がなかった大昔の話ですが、その時代は、洗濯なんて手洗いで重労働でしたし、掃除と料理も今よりもずっと時間がかかりました。昔と同じような手段で炊事、洗濯、掃除とこなしていたら仕事どころではなくなります。そのために、男と女は家庭を持って仕事と家事を分担作業をすることで生活を成り立たせる必要があったと考えることができます。

しかし、今は洗濯はボタン一つで洗濯乾燥機がやってくれ、掃除はお掃除ロボットが人がいない間に掃除してくれて、料理はコンビニに行けば料理ができない人でもとりあえずの飯に困ることはない時代になりました。

家庭における家事の負担が大きく低下した現代では、家庭を持って女性が家事を担当し、男性が働いて稼いでくるという昔のスタイルは必要なくなってしまったんです。男性が一人でも生活できるようになったことが男性が結婚をして家事をサポートしてくれるパートナーを得たいと思う動機を大いに下げていることは間違いないでしょう。

・女性の社会進出による影響


女性が社会に進出することはいいことです。ただ、物事には表があれば裏があるように、良いことがあればその裏には何かしら反対の影響も出てくるものです。女性の社会進出の悪い影響が、男女の結婚を遠ざける一つの原因になっているのかもしれないのです。

女性が男性と同じように働くようになって、女性も収入を得るようになると、昔のように女性が男性に養ってもらうために嫁に行くという動機がなくなります。現代では、女性が活躍するようになったことで、女性が生活をするために男性を必要としなくなっているのです。

一人で生活できるバリバリ働くキャリアウーマンから見れば、男性は女性の人生にとってただの邪魔なお荷物でしかないということすらあり、未婚率に影響を与えていると考えることができるのです。

・結婚はリスクが高い契約


上で説明したように、現代では男女でどちらも結婚をするための動機が低下しています。未婚率の上昇を解消するためには、男女が結婚する動機を高める必要があります。しかし、そもそも結婚という行為は、男女が生涯二人でいることを誓いあうリスクの高い契約です。自分の自由や時間を犠牲にしないと二人の共同生活は成り立ちません。なので、もともと人間は必要性が高くないと結婚しないという選択肢を選んでしまう生き物なのかもしれません。

今の時代は、本来積極的に結婚したいと思っていなかった男女が、社会の変化と技術の発展で男性も女性も結婚する動機が、さらに低下してしまったので、結婚しようと思う人が減り、未婚率の上昇につながってしまったといえるのではないでしょうか。

・子供のために結婚する?


結婚するための動機として唯一残された「子供のため」という動機も減少しつつあります
男女にとって結婚する動機が薄くなってしまった現代でも、子供を授かるには結婚という選択肢が欠かせません。しかし、この「子供」についても、育児養育にかかる費用が高いことから子供を欲しいと思わない人が増えたり、収入的に子供を養うことが難しいと考えてしまう人たちもいて、それなら結婚しなくていいという選択を選んでしまう人が増えています。

・家族を持つというコストが大きい


結婚すると、いろいろな費用がかかってきます。結婚式の費用をはじめとして、その後は、家の購入費、自動車ローン、子供の養育費といったものが自然と必要になってきます。この費用のことを考えると、結婚することにメリットを感じずに結婚したくないと思う人も多数いると考えられます。
家、養育費、自動車の費用を払えるだけの稼ぎがあればまだいいかもしれませんが、経済成長が鈍化している日本では、その費用を払えない人がいることも未婚率に影響を与えていることは間違いないでしょう。

未婚率の上昇は止められないのか


男性の草食化や結婚しない男女が増えているのは、いろいろな理由が考えられますが、今の時代では自然な考え方ととらえるしかないのかもしれません。

子供

男性の草食化を止めるのは、今後も男性の生活スタイルの変化は避けられそうもなく、男性の性欲を満たすコンテンツがさらなる発展を遂げてしまうことも避けられそうにないので、難しそうです。

しかし、男性が草食化しても未婚率の上昇を解決するためには、男女が結婚する動機を増やすことで解決できる道は残されています。どうやって男女の動機づけをするかは、今まで自然に発生していた結婚によるメリットはなくなっているので、結婚することにより、大きなメリットを発生させるような社会的な仕組みの変化が必要になっているのかもしれませんね。

本当にオススメできるマッチングアプリ

ペアーズ
会員数は最大級のマッチングサイトなので理想の相手探せます。
pairs3

ゼクシィ恋結び
ゼクシィの運営するまじめな婚活マッチングアプリです。
ゼクシィ恋結び

with(ウィズ)
メンタリストDaiGoが監修しているマッチングサービスです。
with(ウィズ)

サイト選びに迷ったらこのマッチングサイト

マリッシュ/R18
婚活から再婚まで出会いを応援しているマッチングサイトです。
マリッシュ

ゼクシィ縁結び
ゼクシィの運営するまじめな婚活マッチングサイトです。
ゼクシィ縁結び
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事