2018/10/31

男は単純、女はめんどくさいって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加
「男は単純」「女はめんどくさい」といわれることがよくありますが、本当に男女にそのような性格の違いはあるのか?違いがあるならなぜなのかを考えてみました。

脳とハート

男脳、女脳は嘘?


よく言われる話で下のような男女の違いの話がありますよね。例えば・・・

・男は話を聞くのが苦手、女は地図を読むのが苦手
・男性はシングルタスクが得意、女性はマルチタスクが得意
・男は論理的、女は感情的


たしかに「そうそう」と誰でも頷いてしまう部分はあると思いますが、これらの根拠になっている俗説の多くは「男女の脳機能の違い」です。しかし、最近の説では「脳科学的に男女の違いはない」という新しい説が出てきていて、脳科学の部分で見ると男女の脳において違いは見られない可能性が出てきているようなんです。

男女の脳機能に差がないのに、誰もが何となく感じている男女差が私たちの身近には存在しています。その理由は何なのか探ってみましょう。

男女にあるわかりやすい違いは性欲


男の性欲と女の性欲の違いは昔から良く取り上げられますが、様々な調査でも男性の性欲の方が強いということがわかっています。男性の性欲が女性の性欲よりも強いことは、性犯罪の男女比率を比較してみれば一目瞭然でしょう。

法務省 平成27年版 犯罪白書 第6編

大変悲しいことではありますが、性犯罪被害にあうのは圧倒的に女子のほうが多くなっています。いけないとわかっていても欲望を抑えることができず犯罪に手を染めてしまうのは男性が多いので、男性には抑えきれないほどの強い性欲があることがわかります。

この強い性欲はいったいどこからくるのかを考えるには、男性ホルモンの「テストステロン」を知らなくてはなりません

テストステロンが与える影響


テストステロンは、男性が男性らしい筋肉や骨格の発達をするのに必要なホルモンで、男性ホルモンと呼ばれることもあります。

テストステロンとは(ウィキペディア)

男性に多いので男性ホルモンと呼ばれているテストステロンですが、女性にもテストステロンは分泌されています。しかし、女性のテストステロンの分泌量は男性の分泌量の5~10%で10分の1以下と言われていてその差は圧倒的です。このことからもテストステロンが男と女に大きな違いをもたらしているホルモン物質であることがわかります。このテストステロンは男性の性欲を高めたり、集中力を高める効果があることも知られています。

テストステロン(男性ホルモン)の効果と役割

テストステロンによって発生する男女差


テストステロンによって、男性の性欲が女性よりも強くなっていることで、男女関係には「男が女を追いかける」という関係が生じやすくなっています。そのため、男女関係においては男と女で下のような関係の違いが発生しやすくなっています。

・女性は男性からアプローチを受けることが多い。


アプローチを多く受けやすい女性は選ぶ立場になることが多く、自分に好意を持ってくれた男性の中から自分を大切にしてくれる男を選んで好きになる傾向があります。

・男性は女性にアタックすることが多い。


男性はライバルに勝たないと意中の女性と付き合えないため、自分から女性に積極的にアピールしていかないといけません。他人の反応に合わせて自分の行動を変えるのではなく、自分から行動して女性に好きになってもらわないといけないので、わかりやすい求愛行動をとるようになるのです。

テストステロンの影響から男女の違いを紐解いていくと、なぜ女性がめんどくさいといわれ、男性が単純と言われるのかが少しづつ見えてきます。

なぜ女性はめんどくさいといわれるのか?


男女の脳に違いはなくても、テストステロンというホルモンの違いが男性、女性の「性格」に影響を与えていると考えることができます。女性の中に、過剰に甘えてきたり無理難題をいってくるわがままな人や、急に不機嫌になるようなめんどくさい女性がいますが、この理由には、多くの女性が男女関係において選ぶ立場にあることが多いことが原因であると考えられます。

女性の怒り

人間には、テストステロンの差の影響で、性欲が強い男性が、女性との交際を追い求めるという習性があります。そのために、普通の若い女性であれば何もしなくても男性からお声がかかることが多くなります。どう考えてもモテなさそうな女子であっても、10代の間には男性からの告白を1度くらいは受けていることがあるくらい女性は男性からアプローチを受けやすいのです。マッチングアプリや出会い系でも、圧倒的に男性が女性にアプローチしていることが多いので、その違いからも女性は選ぶ立場であることが多いことがわかりますね。

女性が、ややわがままな傾向を持つ性格になってしまうのには、女性は選ぶ立場であることが多いまま育つことが多いからだと考えることができます。男性でも選ぶ立場であることが多い金持ちのボンボン育ちなら、女性のようなわがままさ、めんどくさい性格の人がいますので、わがままなのは男女差ではなく、育ってきた環境が大きく影響しているのではないでしょうか。こう考えれば、女性のすべてがわがままだったり、めんどくさいわけではないことも理解できます。

なぜ男性は単純なのか?


男の行動が単純なのは、目的が明確だからでしょう。男性は自ら進んで行動しないと女性と付き合うことは通常は困難になっています。男性が女性と付き合うためには、女性にわかりやすく気持ちを伝えなくてはいけません。女性に告白をする時に「あなたのことがなんとなく気になるんです」というような煮え切らないわかりにくいことをいっているようでは、ライバルに負けてしまい女性とは付き合えません。「あなたのことが世界中の誰よりも好きです」とストレートな意見を言えなければ、男性は意中の女性を落とすことはできないのです。そのため、男性の思考回路は単純明快になっていていることが多いのだ考えられます。

男性が合理的といわれる理由には、テストステロンの影響で集中力が高くなっていることが理由として考えられます。男性はホルモンの影響で一つのことに集中して物事を考えたりするのが得意なので、あれこれと気が散らないことが多くて、論理的な思考をまとめるのが得意なのでしょう。論理的で誰にもわかりやすい説明をしたがる男性が多いために、男性は単純でわかりやすいと言われる理由になっていると考えることができます。

男女の違いをもう一度考える


はじめに戻って男女の違いを男女がテストステロンの影響を受けている観点から考えてみましょう

・男は話を聞くのが苦手、女は地図を読むのが苦手
男性は女性と付き合うためには自己主張をする必要性があって自己主張が強いので他人の話を聞くのが苦手なだけ
女性は地図を見なくてもたいていは誰かが連れて行ってくれることが多いので地図を見る訓練をしていないだけ

・男性はシングルタスクが得意、女性はマルチタスクが得意
男性はテストステロンの影響で集中力が高いので、一つの物事を集中することが得意なだけ
女性はマルチタスクが得意なわけではなく、昔から家事などいろいろなことをやることが多かったのでそう思われているだけ

・男は論理的、女は感情的
男が論理的、合理的なのは自分で答えを出せないと女性と付き合うことが難しいから
女性が感覚を優先したり感情的になりやすいのは、女性は選ぶ立場であることが多いので自ら答えを出さなくても感情で感覚的に判断すればいいから

こう考えると脳に違いがなくても、男女の違いに上のような傾向があることを納得できませんか?

男女関係は永遠の話題


男と女の関係についての話題は尽きることがありません。ここで考えた男女差も根拠はありますが、どこまで正しいのかはわかりません。それでもはっきりといえることは私たち人類は男女にいろいろな違いがあるということです。

もし、ホルモン物質であるテストステロンに差がなければ、男女差はなくなるかもしれません。しかし、そんな味気ない世界よりも、お互い分かり合うのが難しい男と女の違いがあるから男女関係はおもしろいといえるのかもしれませんね。

本当にオススメできるマッチングアプリ

ペアーズ
会員数は最大級のマッチングサイトなので理想の相手探せます。
pairs3

ゼクシィ恋結び
ゼクシィの運営するまじめな婚活マッチングアプリです。
ゼクシィ恋結び

with(ウィズ)
メンタリストDaiGoが監修しているマッチングサービスです。
with(ウィズ)

サイト選びに迷ったらこのマッチングサイト

マリッシュ/R18
婚活から再婚まで出会いを応援しているマッチングサイトです。
マリッシュ

ゼクシィ縁結び
ゼクシィの運営するまじめな婚活マッチングサイトです。
ゼクシィ縁結び
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事